栃木県鹿沼市の自動車整備工場【ガレージ北関東】パーツ販売・ワンオフパーツ製作・CPUチューニング・現車セッティングからレースカー製作まで、弊社にお任せ下さい!

栃木県鹿沼市の自動車整備工場【ガレージ北関東】
・パーツ販売・ワンオフパーツ製作・CPUチューニング・現車セッティング・レースカー製作・レースサポート
・メンテナンス・修理・車検・板金塗装・改造申請・公認車検・新車、中古車販売
栃木県鹿沼市で、長年の経験とチューニング技術、豊富なデータでストリートユースから本格的サーキットチェーン、
レースカー制作まで、国産車、外国車問わず、幅広いモディファイを手掛けます!
<< ホンダ S660 インタークーラーブラケット修理&SPOONリジカラ、スティフプレート取り付け | main | トヨタ 86 HKS エキゾースト&ECUパッケージ取り付け >>
マツダ ロードスター NB8C クラッチマスターフルード漏れ修理
クラッチペダルがすかすかになり
クラッチが切れなくなりなんとか走行されての入庫
お客様から症状をお聞きして、クラッチマスターかレリーズシリンダーからの
フルード漏れと判断
ところが、お客様は、ネットで調べて、クラッチマスターのプッシュロットの調整で
治る場合がある、とのことで調整をしたが治らなかった。
その前にまず、リザーバータンク内のフルード量の点検、極端に減っていたら、オイル漏れを疑い、
オイル量が適正ならシステムを疑う、この順番、プッシュロットの調整は、全く違うクラッチシステムに
交換した場合が原則。それはさておき、
まずリザーバータンクフルード量の点検

見ての通り、リザーバータンクのは真っ黒なフルードはほんの少し残ってる程度。
フルード漏れ確定
漏れの箇所確認、マスターを覗き込んでみるとこんな

マスターからの漏れ、結構前から漏れてたようでフロアの塗装がはがれて、防音材も濡れてる。
この辺は、ブレーキクリーナーを掛けて除去

マスター&レリーズシリンダーともに分解し、シリンダー内部に傷がなかったのでシールキット交換
して通常は作業終了。
なのですが、お客様が調整してしまったプッシュロットの再調整して終了。

この前もFD3Sのマスターオーバーホールしたばっかり、続くね。

これをご覧の方、クラッチフルード見てみてください、汚れてませんか?
汚れたフルードがシールを痛め漏れの原因にも成ります。
ご来店いただければチェック出来ます。



【パーツ販売・ワンオフパーツ製作・CPUチューニング・現車セッティング・レースカー製作・レースサポート・メンテナンス・修理・車検・板金塗装・改造申請・公認車検・新車、中古車販売】ガレージ北関東HPはこちら!
| サービス事例(一般使用) | 10:21 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
お問い合わせ
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode


【特約加盟メーカー】
◆HKS Proショップ
◆HKS F-CON V Pro
◆ISパワーライター店
◆HKS Proオイル取扱店
◆TRUST
◆APEXエクセルショップ
◆東名パワード
◆ARC
◆ORC
◆HKS九州サービス
◆HKS関西サービス
◆HPI
◆Biot Proショップ
◆OS SUPER LOCK L.S.D
 テクニカルショップ
◆NISMO
◆TRD
◆ATS
◆CUSCO
◆APレーシング
◆エンドレス
◆De’fi
◆ATSテクニカルショップ
◆アクレ
◆イングス
◆フジツボ
◆ディクセル
◆ブリット
◆アラゴスタ
【取扱メーカー】
◆レカロ
◆NGK
◆無限
◆デフィ
◆その他主要メーカー